excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ブスコパンと緑内障の関係


胃の検査に使われる消化管の動きを少なくする(鎮けい剤、ブスコパン)について、緑内障等の疾患がある方には原則として使用しませんと注意書きがあります。

お伺いしたいのですが、緑内障の方が使用すると危険性があるのでしょうか?私は緑内障の疑いがあり眼圧高めですが使用を控えた方がいいのでしょうか?よろしくお願いします。


あなたの場合は大丈夫です。何も気にせず使用してください。内科で眼圧の事を言う必要もありません。聞かれたら、眼科医がブスコパンの使用は問題ないと言ったと答えてください。

ブスコパンの説明書には、下の様な記述があります。

禁忌(次の患者には投与しないこと)
2. 緑内障の患者[眼内圧を高め、症状を悪化させることがある。]

重要な基本的注意
3.眼の調節障害、眠気、めまい等を起こすことがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないように注意すること。

その他の副作用
眼  0.1~5%未満  調節障害


怖いですねー。
ブスコパンには抗コリン作用と言うのがあって、近くにピントが合いにくく(調節障害、老眼症状)なり、瞳孔が大きくなります。そのときに、隅角(虹彩の付け根と角膜の間で、目の中の水を排出する部分)が狭い人の場合、そこがさらに狭くなって、時には塞がってしまって、眼圧が急上昇します。これを緑内障発作と言います。

ですから、眼科で隅角が狭いと言われている人、つまり狭隅角緑内障や閉塞隅角緑内障の人は、ブスコパンの使用は危険です。眼科で相談してください。特に年配の女性で、無治療で経過観察している人は要注意です。

ちなみに狭隅角だけでは何の症状もありません。ですから本当に怖いのは、眼科受診をしたことのない、健康だと思っている高齢女性です。これを禁忌にすべきではないでしょうか。眼科にかかっていなかったら、緑内障は無いという前提のようです。私はこれがいちばん心配です。

緑内障でも、狭隅角と言われてない方は、無関係です。若い方はほとんど広隅角です。安心して投与を受けてください。緑内障発作は起こりません。眼科医以外が読む注意書きに、緑内障の分類を要求する注意事項を言っても解りませんから、あのような記述になっています。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2008-07-22 17:20 | くすり
<< 鈍的外傷後の散瞳と高眼圧 外斜位?脳外科?眼科? >>