excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


網脈絡膜萎縮と強度近視


こんにちは。初めまして。 相談お願いします。
私は36歳、強度近視で-11Dのコンタクトを使用してます。

毎月眼底検査を受けてますが、先月、先生から”網脈絡膜萎縮”と言われました。(でも、先月発見されてのではなく、もう前からあったかもしれません)  ネットで調べたら、治療しないといけないような事が書いてあったにも関わらず、先生は何も治療という言葉を言わなかったです。その代わり、将来矯正しても0.1くらいしか上がらないと言われ、大変ショックです。

この病気はどのような治療があるのか知りたいです。この病気は手術しないといけないのかも知りたいです。後、片眼性か両眼性かも知りたいです。たくさん質問してすみません。


網脈絡膜萎縮にも色んなものがありますので、あくまで、ご質問から推測できる範囲でお答えします。

近視が強い事。
今まで眼科医から特に説明を受けていなかったこと。
眼科医が治療のことについて触れなかった事。
にもかかわらず将来視力低下することの説明があったこと。
この4点から考えると、おそらく一般的な近視性の網脈絡膜萎縮だと思います。

人間の眼底には網膜という神経細胞の膜が一面に広がっており、それが光を感じて物が見えます。ところが1箇所だけ網膜が無い部分があります。視神経乳頭という、網膜の神経細胞から伸びる神経線維が集まって脳へと向かう部分には、網膜自体がありません。その部分は盲点として感じられ、右目は中央より右へ15度、左目は中央より左へ15度の部分が、見えない部分となっています。だれでも注意深く片目ずつ観察すれば分かります。

近視の強い目は、盲点である視神経乳頭の周りの網膜が萎縮して(ひからびて)くるのです。その結果、盲点が徐々に拡大し、中央にかかると視力が急に低下します。ただし中央から盲点にかけて見えないだけですので、完全に見えなくなる訳ではありません。中央に達しない網脈絡膜萎縮はありふれたもので、説明すらしないことが多いです。ですから、「将来矯正しても0.1くらいしか上がらない」というのはあくまで可能性があるという程度と考えてください。殆ど進行しない人も多いですよ。

確実な治療法はありません。循環改善剤やビタミン剤を使う事もありますが、効果は不明です。施設によっては、黄斑変性症類似ということで、アバスチンという薬の眼内への注射をするところもあるようですが、効果が少ない割りに危険が多いということです。オキュバイトというサプリメントを使う事もあります。黄斑変性症には効果ありといわれていますが、網脈絡膜萎縮に対する効果は未知数です。

病名だけから全てが分かるというようなことは絶対に有り得ません。網脈絡膜萎縮の人を100人集めたら、100通りの病状があり、100通りの説明があります。ここで書いたことは一般論であり、あなたの目に対しては10%しか当たってないかもしれません。どうして100%の情報を持っている主治医に聞かないのですか?勇気を出して聞いてみましょう。案外たいした事ないかもしれませんよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2008-06-27 11:40 | 網膜・脈絡膜
<< 読みやすく変更しました ブログ引越し完了しました >>