excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


遠視の眼鏡をかけさせたくない


子供が3歳児検診でひっかかり、眼科に受診したところ強い遠視と診断され、眼鏡をかけさせないといけないと言われました。ただその遠視は遺伝からのものだとおもいます。母親の私が遠視でその父親(子供から見ると祖父)も遠視です。メガネをかけさせればいいのでは?と思われると思いますが、なぜ躊躇してるのかは理由があります。

私は遠視により5歳、私の姉は3歳からメガネをかけています。それもお医者さんから今からメガネをかければ、中学にはメガネが外れるといわれてかけたそうです。私達はよく転んでいたそうです。いろいろな治療をしてきましたが、中学でとれるどころかいまだにメガネは外れません。それどころか私も姉も視力は悪化していく一方です。それにメガネをかけていたことがとても嫌でコンプレックスでした。姉も同様です。だから子供にはそんな思いはさせたくないのです。

親の私が過剰に考えすぎなだけかもしれませんが、かけても私のように治らないのであれば、ゆくゆくはかけさせないといけないかもしれませんが、こんな小さい時からかけさせたくありません。もし子供が日常生活においてよく転ぶとか目つきがおかしいとか見えていない様子があるといったらあきらめてかけさせますが、そういったようすがないのです。小さいゴミもよく見つけます。

1回の診察で即メガネはどうしても納得がいかなかったので、違う病院に再度受診してみました。すると詳しく調べたわけではありませんが、子供の様子を見て、『今は見えてそうなかんじだし、めつきもおかしくないし、まだキチンと答えられる歳でもないから、メガネはかけさせないで様子見で大丈夫。弱視は確率がほんのごくわずかだし、本人が見えないと主張してからかんがえればいい』といわれました。最初にいった病院と真逆の話だったので、うれしかったのですが、少し不安が残りました。

私の父もその兄弟もみんな遠視ですが、高校からメガネをかけて誰も視力に困ってませんし、私もそんな小さい時からかけなくてもよかったのではない?と正直思ってしまいます。ただ子供の目のことはわからないし、将来困ったらかわいそうですし、かといって私や姉のようにそれがコンプレックスになったりしてもかわいそうですし、どうしたらいいかわかりません。

私としては2回目にいった眼科で言われた通り、あと1~2年様子を見て、子供が意思表示をきちんとできるようになってから子供の様子をみて考えればいいかとおもっています。それではだめなのでしょうか?どうすべきかご意見お聞かせいただければ幸いです。


1軒目の眼科と2軒目の眼科は「真逆の話」ではなく、程度の違いがあるだけで、どちらもそれなりに正しいことを言っているように思います。1軒目の指示通りにすれば全く問題ないでしょうし、2軒目の指示通りにすればおそらく問題ないでしょう。ただし本人の意思表示が曖昧かもしれませんので、最低でも年に1回は検査が必要です。症状が現れてからでは遅いかもしれません。

>今からメガネをかければ、中学にはメガネが外れる

というのは聞き違いです。「今からメガネをかければ弱視にならずに済みます。弱視になる心配のある小学時代を乗り切れば、中学からはメガネを外しても弱視になる心配はなくなるので、かけなくても大丈夫。ただし眼鏡をかけなければ近くの細かいものが見えにくいので、必要があればかけてください。」という意味です。だから、中学以降も眼鏡がある方がよく見えるので手放せなかったのでしょう。また、遠視に対しての治療は眼鏡のみですので「いろいろな治療」は不要です。また眼鏡をかけたことで「視力が悪化」することはあり得ません。別の原因があるのでしょう。早くから眼鏡をかけさせてくれた親と医者に感謝すべきです。

>かけても私のように治らないのであれば

いやいや、治ったじゃないですか。弱視にはならなかったし、強い遠視のせいで細かいものが見えにくいことを隠しているというコンプレックスを持つ必要も無かったし、遠視のせいで毛様筋が過度に緊張し眼精疲労を起こすことも無かったし、調節性内斜視にもならなかったし、集中力が欠如したり情緒不安定になったり不登校になったりせずに済んだんじゃないのですか。2つの人生を同時に経験できませんので比較はしにくいとは思いますが、多くの患者さんを診ている眼科医なら比較できるのです。親の怠慢で眼鏡をかけさせず、或いは訓練をせず、子供を弱視にしてしまった例はいくつもあります。悲しい事です。

>高校からメガネをかけて誰も視力に困ってません

ということは中学では眼鏡が必要なかったということですよね。中学でも眼鏡を外せなかったあなたの遠視よりゆるい度数だったと考えられますので、当然その方々は小さいころからの眼鏡は不要です。遠視の強さによって治療方針は全く違ってくるのです。

これを読んで認識を新たにしていただければ幸いです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-06-05 10:49 | 視力・斜視
<< 盲点が大きくなった 拍動にあわせて視界がチッカチッカ >>