excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「砂嵐」と「網膜脈管視現象」


(メールとは別に電話でご相談のあった方です。不安でしょうから改めて文章にします)


目に関して心配な症状がたくさんあります。近くの眼科で診察を受けましたが、目に異常はないといわれました。脳神経外科も受診しましたがキレイな脳だといわれています。症状を書かせていただきます。

■何年も前から飛蚊症で、妊娠を期に悪化しています。目の前が特に明るいところでちかちかし、光がぴゅんぴゅん流れます。
■何年も前から、目の前に薄い砂嵐があります。特に薄暗いところで感じます。いつからあるのか分かりません。最近濃くなっているきがします。
■軽度の近視と乱視があります。
■現在網膜が薄いとのことで、半年後にさらに薄くなっていないか検査する予定です。

眼科に二つ通いましたが、原因不明です。もうあきらめたほうがよいのでしょか。いつか失明するのではないかと不安です・・。

後、最近、網膜脈管視現象も感じるようになりました。ご回答いただけると嬉しいです。よろしくお願いします。


2軒の眼科と脳神経外科で実際に診て貰って異常無しですので、パソコンで相談するより遥かに説得力があります。全く心配要りません。

飛蚊症は誰にでもあります。見えない人が鈍感なのです。目の中の硝子体には線維状の濁りなんて無数にあります。その一部が光の加減で影になって見えているだけです。年齢と共に増えますし、体調を崩せば余計に気になるものです。光が流れるのは、硝子体の動きによって網膜に圧力の変化が伝わってそれを光と感じているだけです。

砂嵐は網膜の本来の活動かもしれません。網膜の細胞が光などの刺激を受けて電気を発生し、それが脳に伝わって光として感じます。しかし、刺激を受けなくても網膜細胞は常に電気を発生しているのです。その証拠に、真っ暗な部屋で見えるのは暗黒のはずなのですが、注意して見ると砂嵐状の光が誰にでも見えるはずです。「いいえ、暗黒です」と言う人は救いがたい鈍感なのです。超高感度カメラの映像を見たことがありますか。感度を上げていくと光のないところに光が点滅しザラザラの映像になります。撮像素子が自発的に電気を発生させるからなのですが、網膜もそれと同じように電気を発生していると考えてください。

網膜が薄い人なんてざらにいます。詳しく調べてもそれくらいのつまらない所見しかないということで、心配ないという意味です。心配な状態を半年も放置するはずないです。

「網膜脈管視現象」ですか・・・見える人がありますね。本来網膜は動きのないものは見えません。網膜の血管は網膜に対して動きませんので見えないのです。しかし血管ですから拍動があります。それで太さが変化したり、網膜に対する圧力が変化したりすると見えることもあるはずです。

精神的、肉体的に疲労がたまって、少々敏感になりすぎているのではないでしょうか。出来る範囲で休養をとられることをお勧めします。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-02-18 10:44 | 何かが見える
<< 国際線搭乗時に「じんましん?」 慢性結膜炎が治らない >>