excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カメラのフラッシュの影響


赤ちゃんの写真を撮る場合、フラッシュをたいてしまうと、将来赤ちゃんの視力低下や障害などの原因になってしまうのでしょうか?

生まれてから今までフラッシュを使用してきてしまいました。かれこれ1000枚くらいは撮影していると思います。至近距離で連続何十分もというわけではないのですが、割と近い距離で使ってしまったこともあると思います。赤ちゃんもまぶしそうな顔をしていた時もありました。そういう時はもちろんすぐにやめてはいたのですが…。

良く考えればあの強い光が目に良いわけはないと思います。心配でたまりません。ネット上にはいろいろな情報があり、急にとても不安になりました。 もし今後何らかの影響がある場合、どんなことに気をつけてみていったらよいか、今から何かできることなどありましたら教えていただきたいです。


今までのことは全く心配要りません。

フラッシュというのはフラッシュバルブではなく、カメラ内臓または外付けのストロボですね。ストロボ光は強いですが、その持続時間は数百分の1秒から数万分の1秒というごく短時間です。何万ボルトもの静電気の火花が飛んでも感電死しないのと同じです。今までの1000回より、太陽を1秒間見つめる方が目に悪いと思います。考えてみてください。カメラのストロボは一瞬だけごく狭い範囲を昼間の様に明るくします。しかし太陽はそれより遥かに強い光が連続します。ストロボを恐れていたら、晴れた日は外出できません。

太陽光とくに紫外線は黄斑変性症の原因と言われています。太陽を見つめる事で直接網膜の黄斑(網膜の中心)部が日焼けします。普通はすぐに回復しますが、それの繰り返しで何十年後かに黄斑変性症にならないとも限りません。ですから、たとえ太陽光より遥かに弱いストロボ光でも黄斑部に繰り返し浴びれば、もしかしたら黄斑変性症のリスクが高まるかもしれません。ご心配ならば、至近距離でのカメラ目線のストロボ発光は避けた方がよいでしょうね。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-07-23 15:16 | その他の疾患
<< 子供に見える不思議なもの 眼球打撲による瞳孔散大 >>