excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


眼球打撲による瞳孔散大


先月、軟式野球で眼に打球の直撃を受けました。意識は有り、自己判断で横になり、水道水を含ませたハンカチで冷やし続けました。 その夜から、地元の専門医の治療を受けており、眼球内出血は収まりつつありますが、「(1)水晶体の亜脱臼、(2)瞳孔の散大があり、(3)近い将来、白内障が発生するので、その時、亜脱臼も直す手術を行います。瞳孔散大には、専用のコンタクトレンズで対応する」と言われております。なお、事故後、三日目に脳外科、10日目に整形外科の診察を受けましたが、特に心配は無いようです。

現在、瞳孔散大のためか、強いサングラスをしても、30分程度でも外光に当たると、頭痛・微熱・疲労感を覚えます。また、将来的にもスポーツをしたいので、瞳孔径調節のためだけにコンタクトレンズを使うのは気が進みません。 そこで、瞳孔散大の回復の見込み、その処置の大まかな内容、○○県近辺での名医の有無をご教示いただきたいのです。


今後どうなるか、どう対処するかをきちんと説明されていますので、その眼科でご相談されるのが最善です。いまさら外野が口を挟む余地はないでしょう。コンタクトで対処する以外に方法の無い瞳孔散大なのではないでしょうか。コンタクトを使いたくないのであれば、そのように訴えて相談してください。もしかしたら別の方法があるかもしれません。瞳孔散大といっても様々な状態があります。「瞳孔散大」という状態(病名)だけで回復の見込みが判ろうはずがありません。

申し訳ありませんが、他県の眼科事情は全く判りません。名医だと評判の医師が名医では無かったという事はよくあります。現在の眼科に何の問題があるのですか?

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-07-15 08:44 | 外傷
<< カメラのフラッシュの影響 眼球打撲時の対処について >>